2020/01/17
国土交通省は老朽マンションの建て替えを促すため、敷地売却のルールを緩和する方針との発表が2019年の夏にありました。現在は耐震性不足が認定された場合のみ所有者の8割以上の賛成で売却可能と決めていますが、外壁や配管などが劣化した危険な物件も同条件で対象に加えるようです。こうした物件を放置して住民や周辺に被害が及ばないように、管理組合で自主的に再生しやすくなるかもしれません。現在、2020年に入り、不動産売買・賃貸の繁忙期に入っています。そのような状況で不動産購入を検討されている方はぜひ、把握をしておいて欲しいと思います。
2020/01/10
一概の土地の評価ってどうやって決めてるの? 一括査定依頼すると、その額はマチマチ・・・ 不動産業者が指標としているものをお知らせします!
2020/01/03
本年も どうぞ よろしく お願いいたします
2019/11/04
住宅を取得する際に、親から資金の援助を受ける場合、他の兄弟との関係などから贈与扱いにできないときは、親からの借り入れとして返済を行う方法や住宅を親との共有名義にするという方法があることを理解しましょう。
2019/10/03
大手銀行の動向については、固定期間10年の最優遇金利について、りそな銀行が0.05%引き上げたほか、三菱UFJ、三井住友、みずほ、三井住友信託の4行は据え置きとなりました。 【フラット35 10月実行金利】 借入期間15年~20年 0.86%(先月+0.01%) 借入期間21年~35年 0.91%(先月±0.00%) ※上記金利には団信特約料が含まれておりません。
2019/08/26
住宅を購入するときは、どうしても駅から距離や価格、間取り、設備などで選んでしまいがちです。しかし、巨大地震や津波、洪水、土砂崩れなどの災害リスクも考慮しておかないと、震災が起きてしまった時に大変なことになります。 住宅購入する際には、その土地が安全かどうかを事前に調べておく必要があります...
2019/08/25
新築分譲マンションの販売では一時「ブームが去った」ようになっていた東京・世田谷区。しかし、最近は人気が復活しています。
2019/08/22
気になる物件があっても、今は売物件がない・・・ 購入しようとした物件が先客に契約されてしまった・・・ タッチの差で購入できなかったけど、同じマンションで他に売り物件が出たら教えてほしい!!というご要望にT.A.Pがお答えします
2019/07/04
フラット35を利用するには、住宅金融支援機構からの融資を受ける事になりますが、そもそも住宅金融支援機構の目的やフラット35の仕組を皆さんはご存知でしょうか?
2019/06/03
【2019年6月の最低金利】 20年以下:1.01%(前月-0.02%) 21年以上:1.07%(前月-0.02%)

さらに表示する